機動少女巻1 あとがき


全ては、この曲との出会いから始まったと思っています。



by 東京事変
(2分48秒まで)

公式PV(ともさかりえ)

【少女ロボット】
歌:ともさかりえ、楽曲提供椎名林檎。

カラオケの曲名リストか、どこでみかけたのやら、始めはタイトルしか知らなくて。
でも、この、たった6文字が、なにかどこか引っかかる言葉で。
どうしても忘れられず。

 漫画を描きたくてなって。

そうして、手探りで構想を始めたのが一昨年、2009年の6月の頃、就活をあきらめ、大学院への『逃げ』を選択した頃でした。


☆そうして昨年4月の連載開始から、はや1年。
第一巻がようやく終了となりました。



コメント返信などのおまけを除いて、本編のみで230ページくらい。

全体の10分の1くらいでしょうか、そのくらいが完了したことになります。


☆ep3までというのは、いわば『仲間集め』のようなパートで、同時に、これから話を回していくための『土台作り』のパートでした。それぞれバラバラだったチアキとユキ、リルとアヤメを一組にまとめること、大人の協力者として藤巻を仲間に加えること、そのことがまずは必要だったんです。


ドラゴンクエストⅡ』で例えるなら、サマルトリアの王子に会ったところなんです。

そうなんです、まだムーンブルグの王女にもたどり着いていないんですよ。
ムーンブルグの王女的なキャラクターも、ちょうどこれから出てくるわけですが。それはどうでもいいとして、。

最初に公開する作品として、長編から描き始めてしまったこと、その行動自体は失敗だったと思っております。経験なくして描き始めたものだから、ご覧のように、拙劣さを極めます。



物語というもの、なにより、出だしが肝心です。
その出だしで、稚拙さゆえにズッコケてしまった感は否めません。


したがって、これから第一巻を全面的に改訂するワケなんですが。こちらは一年くらいかけて、長々とやっていこうかと。

こんなんだから、完成する頃には、間違いなくオッサンになっています。



☆この物語の根幹のテーマとしたいところに、「失敗」と「許し」、二つの概念があります。
ep3-3は、その試金石というべきストーリーにしたかったのです。

男ってのは女に比べ遥かに不完全な動物で、それゆえ女は男に許されなければ、やっていけない。僕はそう考えるんです。

でも、女の人って、男の不手際、手落ちを、そうそう許してはくれない。

そうすると男は困ってしまうわけです。許されたいけど、許してもらえる見込みすら、ない。そう、男は思いつめてしまうわけです。

んで、そっからどうするか、と。

そこんとこを、自分自身の過去の総括も含め、描きたかったんだと、今になって思います。



☆丸1年かけて描いたこの1巻を思い返してみると、僕自身の個人的な体験の、一番見せたくない部分を多く動員して描いてきた経緯があります。

したがって、僕から見ると、目も当てられないような、自省録のような作品として出来上がってしまったような気がしているんです。

何が一番足りない、って単純に「面白さ」だと思うんです。
読者の視点、読者が「面白い」と感じるモノに対する考え、それが圧倒的に不足しているんだと思います。
端的に言うと、「エンタメ性」とでもいいましょうか。

僕は、あまりにも「読者」の存在に対して無頓着でした。
読者という存在を、感情的で扇情的、単純で動物のようなモノであると捕らえ、言わずとも、心の中で見下していたのではないか、と思います。

そのくせ、コメントやファンアートを貪欲に欲しがっていた。
僕は、どこまでも一人よがりでした。
それは実に、気持ち悪いことだと思っています。


だから、もう一度やり直そうと思ったんです。




☆以前お伝えしたように、第二巻の一話(ep00-1)を描き終わり次第、別作品にしばらくシフトします。

ただし、どうも僕は優柔不断で移り気なもので、名目上は「休載中」ですが、気が向いたら、ちょこちょこ、と描いていくことだと思われます。なにせ、キャラクターが自分の娘のようにかわいがっているフシがあるので。

その折は、どうか、「なんか、バカ野郎が年甲斐も無くバカなことやってるな」程度のお気遣いで構いません、お付き合い頂けたら幸いです。


なんにせよ、約一年間、皆様の叱咤激励の甲斐あって、なんとか300ページまでこぎつけることが出来ました。


本当にありがとうございました。




どうか、これからも拙作をお読み頂けたら幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。