02/02のツイートまとめ

HinotoSuzuki

まる!! http://t.co/wXlp9exv #kamojo
02-02 00:00

エンコ殺しOP http://t.co/ua5P6nxg #kamojo
02-02 00:01

まるェ・・・ http://t.co/eJMk4Eza #kamojo
02-02 00:02

アジカンみたいなタイトルだな・・・ http://t.co/QVOwlzti #kamojo
02-02 00:02

ムギナミです・・・ http://t.co/qwAGkETD #kamojo
02-02 00:03

大事なことだから・・・4回・・・っ! http://t.co/5kZi7yy0 #kamojo
02-02 00:03

乱にありて性を・・・ http://t.co/OX8zBvlD #kamojo
02-02 00:04

下北FMの放送見たいけど、その時は恐らく帰宅中・・・
02-02 01:45

正直なところ、ワロス外にWRS48を打ち出した時の「責任」ってなんよ、って思ったりする。もう少し具体性がほしい。外部から、悪意のある者によってワロスのサイトが改変されたり、作家に嫌がらせメールが来たり、そのさいに生じうる被害に対する責任かしら。
02-02 01:51

責任、というか代表者というべきかもね。責任っていうと、なんかこわばっちゃう。まあなんかしらあった際の責任は、やはりその代表者になってくるんだけど
02-02 01:54

商業化(ありえないけど)しないで同人でやっていけば、キャラクターデザイン云々で著作権うんぬんに引っかかることもないし。
02-02 01:56

責任、要するに、外部からの問い合わせの窓口をつくるようなものか。旗振り役というか。
02-02 02:00

一応言うなら、今の責任者は総選挙の集計人、要するに企画立案者ってことになるのかな。
02-02 02:04

すると、WRS48を今後も活動させていくなら、企画ごとの責任者、という形態をとることになる。例としてわかりやすいのは合同同人誌、取りまとめ役がそれこそ、印刷代の徴収や売上金の分配を行うってわけだ。
02-02 02:07

別に何か問題が生じる、ってことは実に考えづらいんだよね。ただ、「もしも」、想定外の事態のさいに、責任をとる代表者があってもいいっちゃいい。
02-02 02:13

考えるんだけど、例えば、WRS48のキャラクター誰かが、別の個人や団体の権利を侵害するような結果をもたらしてしまい、クレームがくるとする。しかし、クレームの対象って、そのキャラの作者であって、WRS48の企画自体には来ないんじゃないか。
02-02 02:16

「WRS48に対して責任が問われる」という事態は、どうも考えにくい。現実のAKB48と大きく違うのは、あくまで活動が二次元の、漫画のなかの話であるので、連帯責任が生じえない、ということ。
02-02 02:20

これからの活動の際は、マンガやイラスト、及び動画を使ってアピールしていくことになるけど、いずれの手段にしろ、制作・PRするのは一個人、もしくはサークルになるので、その制作物の責任とは、おのずから制作者自身にかかってくる
02-02 02:23

「WRS48を動画にして、ニコ動やらようつべで宣伝しようキャンペーン」みたいな・・・。そういう企画モノ(この例えの企画に求心力はないと思うが)だったら、今回みたいに代表者は必然的に必要になるけど、そうでなければ、各個人がPRしている段階では、代表者は必要あるのか、と疑問に思う
02-02 02:27

そんなことを色々雑感として思いました。おそまつ。漫画描いて寝ます。
02-02 02:29

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。