【木村の中心、小さなダンス、夢のガラスの寒さが】これは日本ですか?【水原スモーク】

知ったか・教えたがり屋の悪い癖が出て、何人かの中国人留学生に日本語のアドバイスをしている。

ていうかね、中国人だらけなんですよ、大学院。
ウチの大学、一つの校舎の中で大学と大学院のセクションがあるんですけどね、まるで中国にきたような気分ですよ。大学院のセクション入ったら。
あっちもこっちもどこ行っても聞こえるのは中国語ばかり…!


なぜ日本人がいないか。
これは文系に限った話なんですが、日本人の学生、大学院行っても就職になんのプラスにもならないことがよくわかってるから、(一般に企業は、大学院卒には大卒よりも高い給料を払わなければならない=企業「わざわざ採る必要なかろう」)よっぽどじゃないと来ないんですよね。
うん。そういう(;´Д`)オマエモナーなんでうけど、
大学院行く時にゃ覚悟を決めたほうがいいです。
まともな就職は出来ない」と。


韓国も事情が似てるようだけれど、中国はまた違うようで、学歴は高いほどいいらしい。
しかも留学、というのも、日本という近場とはいえど、それなりにアピールになるとか。

んで、何が言いたいかって、日本語について色々質問されんですけど、俺もよくわかってないことが多いこと、多いこと。
『(汗)』ってなんて説明すればいいんだよ!!…みたいな。
「教うるは学ぶの半ば」であって、まぁそれはそれで楽しいし、彼らの話も新鮮なことだらけで興味が尽きないんだけれど。

これで中国語も出来たら尚更面白いんだけれど、大学の時の第二外国語はスペイン語orz

「これはゾンビですか?」の中文ページを自動翻訳にかけてみた

Baidu IME_2011-7-5_1-24-52


『だから、ゾンビになる?』
なんという決意?いや…疑問形で言われても…


『セミで保護された…』

そして、作者名である。



Baidu IME_2011-7-5_1-26-36


水原スモーク… 『滞在の毛は彼女のトレードマークです…』

自動翻訳は笑いの神が創造したに違いない
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。