一生懸命やる

先週末のことなんですけど、地元でチャリティコンサートをやったんですよ。

チャリティといっても、プロでもないので、入場料を取るわけではなく、募金箱を設置しただけなんですけど。
僕ら中学OBの吹奏楽団と、中学の現役生の合同演奏会でした。

で、恩師の先生からいただいた言葉。


なにかを一生懸命やっている人は、たとえ辛い境遇に置かれていたとしても、その一生懸命な姿を見てくれている人はかならずいる。

だから、あきらめずにやりつづければ、必ず道は開ける。





この先生というのが素晴らしい方でして。

中学卒業以降ばらばらになったOBたちも、その先生がいるからこそ集っている、というフシもあるんですよね。
美術部しか選択肢に考えていなかった僕を吹奏楽の世界に引き込んだ張本人であります。

その先生からいただいたものだから、感慨深いのもひとしお。

最近忙しくなってきたけれど(大学院がはじまったことで)、学業・画業ともに頑張っていこう、と、思い直した次第です。

低音部隊参上!
低音バンザイ。チューバ(左)とバスーン(ファゴット:右)。吹奏楽部に限らず、ベース楽器を操る女子はカッコイイ。




僕も、微力ながら募金しました。
募金であつまったお金は、全日本吹奏楽連盟を通じて、被災地の吹奏楽部の支援(被災して使えなくなった楽器・楽譜の購入等)に充てられる、とのこと。
震災以降、なにかしようと思って何も出来ずにいたけれど、これで少しは貢献できたかな、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。