お忙しいところ失礼します、東方…

以下、メモ。

--------------
お忙しいところ失礼します
私、○大学大学院在籍の鈴木丁と申します

来年度、2012年度に貴校での教育実習を希望しており、このたびお電話いたしました
恐れ入りますが、教育実習のことを担当されてる先生がいらっしゃいましたら、お呼びしていただけないでしょうか

不在、会議中→もう一度かけさせていただきたいと思うのですが、何時ごろでしたらよろしいでしょうか

担当の先生出る
→初めまして、○大学大学院の鈴木丁と申します、お忙しいところ失礼します
来年度、2012年度の教育実習を貴校でさせていただきたくて、お願いのお電話をさしあげたのですが、可能でしょうか

内諾OK→どうもありがとうございます、よろしくおねがいします
つきましては、こちらで用意しております内諾書の記入をお願いしたいのですが、受け渡しの方法は郵送か、それとも私自身でお伺いしたほうがよろしいでしょうか


まだわからない→
いつ頃にその予定は決まるでしょうか、その頃にもう一度お電話を差し上げたいのですが

ダメ→わかりました、それでは他の学校をあたってみます。本日は、お忙しいところお時間をいただきありがとうございました、それでは失礼します


※卒業年度 2005年度
-----------------

ぎゃああああ緊張したああああああああああ!!!!

震災の影響で1ヶ月遅れて大学院が始まりました。

食いっぱぐれ予防のため教員免許を取る、ということで、出身母校に連絡してきたわけです。

※教育実習先の学校の内諾交渉
教育実習を受けるには、実際に実習を受ける一年前に、希望の学校へ自分で連絡して許可を得る必要があります(この許可を「内諾」という)




全く関係ないけれど

コレ同人かよ…!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。